よくある質問

FAQ

Q. 空き家のままにしておくと固定資産税が6倍になるというのは本当ですか?
Q. 「特定空家等」って何ですか?
Q. 空き家があるが、相続するかどうか、税金のことなど専門家に相談したいのですが。
Q. 空き家をどうにかしたいが、具体的にどうすればいいかわからず困っているのですが。
Q. 空き家を売りたいのですが、どうすればいいですか?
Q. 空き家を貸したいのですが、どうすればいいですか?
Q. 空き家を解体したいのですが、どうすればいいですか?
Q. 空き家を解体した後に駐車場として貸したいのですが、どうすればいいですか?
Q. 空き家をリフォームして住みたいのですが、どうすればいいですか?
Q. 空き家にある不要品を片づけたいのですが、どうすればいいですか?
【 空き家管理 】
Q. 空き家管理の効果って何ですか?
Q. 専門業者による空き家管理サービスは、どのような方が利用されるのですか?
Q. 家の中の家財が片付いていないのですが・・・。
Q. 高価な貴重品があるけど大丈夫ですか?
Q. 空き家管理とは、何をしてくれるのですか?
Q. 空き地の管理も行ってくれますか?
Q. マンションの留守宅管理もお願いできますか?
Q. 草刈りだけお願いすることはできますか?
Q. 水道や電気の契約はどのようにしたら良いですか?
Q. 室内や外回りで不具合があった場合は、どのような対応になりますか?
Q. 郵便物はどのような対応になりますか?
Q. 家の鍵はどのようにお渡しすればよいでしょうか?
Q. 契約期間の定めはありますか?
Q. 中途解約できますか?
Q. お支払いはどのような方法になりますか?

Q. 空き家のままにしておくと固定資産税が6倍になるというのは本当ですか?
A. 平成26年1月29日に、「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立し、地方行政が「特定空家等」の除去や解体などの行政執行を行うことが可能になりました。
「特定空家等」になると軽減措置の対象から外され、固定資産税が6倍になります。
   

Q. 「特定空家等」って何ですか?
A. 著しく保安上危険となるおそれがある状態、著しく衛生上有害となるおそれがある状態、著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態のいずれかの状態にあると認められる空家等のことです。
具体的には、部材の破損や不動沈下により、建築物に著しい傾斜がある場合。ごみの放置、不法投棄により、多数のねずみ、はえ、蚊等が発生し、地域住民の日常生活に支障を及ぼしている場合。景観法に基づく景観計画に定める制限に著しく適合しない状態となっている場合。また、立木が近隣の道路には見出し、歩行者の通行を妨げている場合。などです。
   

Q. 空き家があるが、相続するかどうか、税金のことなど専門家に相談したいのですが。
A. 専門家による相談窓口をご紹介いたします。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家をどうにかしたいが、具体的にどうすればいいかわからず困っているのですが。
A. 状況をお聞きして、選択肢のご提供やコスト面でのシミュレーションを行い、最適な方法が見つかるようお手伝いいたします。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家を売りたいのですが、どうすればいいですか?
A. 弊社の担当者が、査定・相談無料でお受けいたします。お気軽にお問い合わせください。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家を貸したいのですが、どうすればいいですか?
A. 弊社の担当者が、相談無料でお受けいたします。お気軽にお問い合わせください。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家を解体したいのですが、どうすればいいですか?
A. まずはお見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家を解体した後に駐車場として貸したいのですが、どうすればいいですか?
A. 仲介のみならず賃貸管理サポートも行っております。是非ご相談ください。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家をリフォームして住みたいのですが、どうすればいいですか?
A. 水廻りのリフォームから間取りの変更まで幅広く対応できます。まずはご相談ください。 >> お問い合わせ
   

Q. 空き家にある不要品を片づけたいのですが、どうすればいいですか?
A. まずはお見積りいたします。お気軽にお問い合わせください。 >> お問い合わせ
   

【空き家管理】

Q. 空き家管理の効果って何ですか?
A. 長期間家を空けていると、畳が湿気を含んで膨張したり、壁紙にカビが発生したり、木材が腐食したりして、住宅の老朽化を進行させてしまい、独特のこもった臭いの原因となります。
また、ポストに郵便物がたまった状態だと留守であることがわかり、空き巣のターゲットとなる心配も出てきます。定期的に、巡回メンテナンスを行うことが予防につながります。
   

Q. 専門業者による空き家管理サービスは、どのような方が利用されるのですか?
A.  有料介護施設に入所し空き家になる場合や、手術や入院、長期のリハビリ、転勤などで留守にする場合、相続で取得したけれども遠方にある、もしくは遺産分割がスムーズにいかない等の理由で一時的にそのままの状態で管理が必要だとういう方が多いです。
   

Q. 家の中の家財が片付いていないのですが・・・。
A.  空き家管理サービスは家財が残ったままでもご利用いただけます。ただ、家財の紛失や破損につきましては免責とさせていただいておりますので予めご了承ください。また、不要品等の整理も有料でお受けいたします。お気軽にご相談ください。 >> お問い合わせ
   

Q. 高価な貴重品があるけど大丈夫ですか?
A.  書画、骨董品、貴金属などの貴重品や遺骨、位牌、故人の写真、卒業証書など主観的な価値が高い物、また、腐敗しやすい物、管理を要する動植物や、爆発性、発火性、引火性があるもの、プロパンガスなどの可燃性ガス、有毒性のあるものなどの危険物、保存又は管理に届出、資格、許可、免許などを要する物のほか、保存又は管理に特別の注意を要する物はサービス開始前までに空き家から撤去をお願いいたします。
   

Q. 空き家管理とは、何をしてくれるのですか?
A.  目で見える範囲で建物内外を目視確認いたします。また、自然換気や通水を行って、建物の老朽化を遅らせたり、悪臭の予防をします。月に一度、草木の伸び具合や、その他気付いた点等をまとめて報告いたします。
   

Q. 空き地の管理も行ってくれますか?
A.  はい。費用は別途お見積りいたしますので、お気軽にご相談ください。 >> お問い合わせ
   

Q. マンションの留守宅管理もお願いできますか?
A.  はい。戸建以外にもマンション等の留守宅管理を行っています。その他、ご不明な点がある場合はお気軽にお問い合わせください。 >> お問い合わせ
   

Q. 草刈りだけお願いすることはできますか?
A. ポイントでの草刈りのみのご依頼もお受けいたします。費用は別途お見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 >> お問い合わせ
   

Q. 水道や電気の契約はどのようにしたら良いですか?
A. 通水をご希望の方は水道のみ開栓をお願いいたします。料金はお客様のご負担となりますので、ご了承ください。
   

Q. 室内や外回りで不具合があった場合は、どのような対応になりますか?
A. 倒壊の危険性がある等、早急に対応が必要な場合は、お電話にてご連絡いたします。緊急を要さない場合は、報告書にて不具合箇所のご報告と修繕のご提案をさせていただきます。
   

Q. 郵便物はどのような対応になりますか?
A.  広告・広報などの宛名の無いものに関しては、処分いたします。宛名のある郵便物は、報告書と同封して転送いたします。
   

Q. 家の鍵はどのようにお渡しすればよいでしょうか?
A.  初めてお伺いするときの立ち合いが難しい場合は、宅配便、又は、簡易書留で弊社までお送りください。紛失の恐れがありますので、普通郵便でのご送付はご遠慮ください。
   

Q. 契約期間の定めはありますか?
A. 毎月の定期サービスでは1年間のご契約となります。
   

Q. 中途解約できますか?
A. サービス解約希望の1か月前までにご連絡いただければ解約が可能です。
   

Q. お支払いはどのような方法になりますか?
A. 「銀行振込」または「口座振替」となります。いずれも手数料はお客様でのご負担となりますので、ご了承ください。
   

ページの先頭へ